生まれつきのほくろ

医者

ほくろの中には、いつからあるのか分からないものもあります。仮に、生まれつきほくろがある場合問題はないのでしょうか?生まれつきのほくろや、除去を考えるポイントについてまとめました。

詳しく見る

ほくろと癌の違い

医者と看護師

ほくろと思っていたら皮膚の疾患だった。このようなケースも珍しくはありせん。中でも、ほくろと皮膚癌の見分けは難しく放置してしまうと大変な事態にもなりかねません。そこで、ほくろと癌の見分け方を把握しておきましょう。

詳しく見る

ほくろ除去の手術と種類

看護師

ほくろを除去したい場合、いくつかの方法から選ぶことができます。今回は美容クリニックで用いられる代表的な種類をご紹介します。それぞれの施術の特長を理解し、カウンセリングに役立ててください。

詳しく見る

外科手術でほくろ除去

女性

美容クリニックでは、電気分解法以外の方法でほくろ除去を行うことが可能です。ほくろが5ミリ以上の大きさである場合、電気分解法ではなく「切縫法」での除去が適しています。切縫法がどのような施術なのか説明していきます。

詳しく見る

高周波メスでほくろ除去

女性

ほくろの除去方法に【高周波メス】があります。高周波と聞いてもピンとこないことがありますが、どのような仕組みでほくろが取り除かれるのでしょうか?メリットや施術費用について調べてみました。

詳しく見る

ほくろの悩み

医者と看護師

ほくろのコンプレックス

女性の場合、外見的要素にコンプレックスを感じる方も多く、そのため美容に対してお金や時間を費やします。メイクやスキンケアでカバーできるコンプレックスと、そうでないコンプレックスがあり、中でも「ほくろ」は中々カバーできず悩んでしまうこともあります。ほくろは肌色から茶褐色、黒色とファンデーションやコンシーラーをもってしてもカバーしにくく、コンプレックスにつながってしまいます。

ほくろができる原因

ほくろができてしまう主な原因は「紫外線」です。ほくろが黒い色なのは、メラニン色素の集合体であり肌が突然変異をした結果なのです。紫外線により肌内部のメラニン色素が刺激を受けると、酸化が進み結果としてシミやしわ、ほくろとなって肌表面にあらわれます。一旦できてしまったほくろは、放置しても治まることはなく肌に残ってしまいます。

ほくろの遺伝

ほくろは遺伝すると考えられていますが、現段階では明確な研究結果は得られていません。ただ、肌質や生活環境の影響により「ほくろが多い」「ほくろが少ない」といった個人差が生まれるのではないかと予想されます。ほくろというものは、ある日気づいた時に見つけてしまうものです。ほくろができる年齢は早ければ1歳から2歳頃と言われ、紫外線を多く浴びる地域になると、ほくろの数も多くなっていきます。ほくろの発生を完全に防ぐことは不可能なため、予防したい場合は紫外線からの刺激を防ぐことに徹しましょう。

ほくろがあることのメリット

結論から言って、ほくろの医学的メリットはありません。また生物学的な視点で考えても、健康に影響するわけではないので、存在することで得られるメリットはありません。ただ、顔や体に特徴的なほくろがあることで、チャームポイントや本人の認識として役立つことはります。それ以外はむしろ、デメリットになりかねません。特に、思春期をむかえる年齢になるとほくろに対して強いコンプレックスを抱いてしまいます。ほくろ除去を考えるなら、中学生から高校生の年代からが適しています。あまりに早くから除去をしてしまうと傷跡が広がってしまう可能性もあります。ほくろに関する悩みを持つ場合、美容クリニックで相談することをおすすめします。

ほくろ除去のすすめ

美容皮膚科や美容クリニックではほくろ除去のメニューがあり、短時間でコンプレックスの解決をはかることができます。痛みが少ない方法でほくろを取り除くことができ、コストもおさえることができます。

Copyright© 2019 ほくろが気になるなら美容クリニックで除去! All Rights Reserved.